兵庫県姫路市 アンティーク陶磁器・カップソーサー・ガラス・銀器  /アンティーク雑貨 スペイン民芸・シルバーアクセサリ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

バーナードリーチつぼ
          ★【右クリック>新しいウィンドウで開く】で、拡大画像が表示されます★

バーナードリーチつぼ





ふた、本体ともに良い状態

内側に若干の汚れがあります

バーナードリーチ窯耳付蓋付き壺
おそらく戦後〜70年代以前、セントアイブス工房
(詳細はこのページの下の方をご覧ください)

商品番号 C8117
商品名 バーナードリーチつぼ
希望小売価格 62,000円
ネット特別価格 49,000円
コンディション ★★★★☆
送料区分 送料別
配送タイプ ヤマト運輸【宅急便】税込み

数量:

 外側は備前に近い風合い

 ENGLAND、St.Ivesの窯印

口縁部と耳に自然釉

バーナードリーチ窯の耳付蓋付き壺
●リーチのサイン入りでも箱付きでもなく工房ものですが、いい味わいになっています。
●おそらく戦後〜70年代以前のものかと思われます。セントアイブスの窯印があります。
●壺の外側は無釉、内側は天目釉がかけてあります。
●全体に状態は良く、目だった損傷はありません。(写真をご参照下さい)
●蓋と本体の口縁にに微細なチップがあります。ヒビの類いは見当たりません。
●内側にはスレまたは汚れがあります。おそらくミンスミート(菓子の材料)か何かを保存していたのではないかと思われます。
●蓋の裏は非常に良い状態で天目釉がキレイに残っています。
●どっしりと重みがあります。重量約1200グラム。

バーナード・リーチ BERNARD LEACH(1887−1979) 香港生まれ日本育ち。幼少時を京都や彦根で過ごす。英国に帰り美術学校に学ぶが22歳の時(明治42年)再来日、明治末〜大正にかけて滞在。民藝運動の創始者、柳宗悦との親交を通じ、尾形乾山に師事、陶芸家となる。1920(大正9)年濱田庄司を伴い帰英し、セントアイブスに登り窯を築いた。その後も度々来日、各地で制作や講演を行い、柳、濱田、富本憲吉、河井寛次郎らの民藝運動に寄与。東西文化の融合を陶芸を通して具現した。(「日本民藝館」ホームページより抜粋 http://www.mingeikan.or.jp/html/leach-bernard.html